ニュース |お問い合わせ
塩化カリウム顆粒のドライ磨耗の低減

お問い合わせ

Please fill name field
Your message was sent successfully
 

塩化カリウム顆粒のドライ磨耗の低減

ICL Innovation社ではICL IP (Industrial Products:工業製品)事業部門が各種難燃材やリン酸塩、その他技術考案材料に取り入れられる初期段階にある革新的な技術、新しい材料、コスト効果の高いプロセスを求めています。

 

当社では次の分野で画期的なアイデアを探しています

 

難燃剤

 微生物による解決法

 その他

 

火災防止分野における当社の現在提供品

毎年 2000万件もの火災が個人住宅、公共建物、ディスコ、列車、バス、地下鉄に起きており、数千人の人の命を奪い、何万人もの人が負傷し、社会的損失は400億ドル以上に上っています。火災の損失を減らす解決法の一つに可燃物に信頼性の高い難燃剤を加えることです。これによって人や財産を救える貴重な時間を稼ぐことができます。

ICL IP部門の難燃剤は環境上の問題をクリアしつつ消費者の安全を確保することを目指して作られています。すべての製品が幅広い毒性研究、環境対策の研究によって裏づけされており、以下の国際基準や指針にすべて適合しています;すなわち米国の環境庁やエネルギー省のプログラム、EU のRoHS および WEEE 指針, EU のREACH 規制ならびに自主安全プログラム、ならびに、VECAPProduct Stewardship およびResponsible Careのようなイニシャティブです。

 

難燃剤市場の主力を占める臭素化難燃剤はその効果がよく知られており、殆どのポリマー系製品に適合しています。これらは電気・電子産業、建築・建設業界、自動車、運輸産業で使われています。製品寿命の観点と他の難燃剤との比較においても、臭素化難燃剤を用いたプラスチック類は母材の特性を殆どそのまま維持しつつ寿命が長くなっています。