ニュース |お問い合わせ
難燃共力剤として三酸化アンチモン代替品

お問い合わせ

Please fill name field
Your message was sent successfully
 

難燃共力剤として三酸化アンチモン代替品

IC Innovation社ではプラスチック化合物が燃焼した際にハロゲンをガス状で放出する三酸化アンチモンに代るコスト効果の高い共力剤を探しています。

 

背景

難燃剤の分野が進展するにつれて性能の優れた安価な共力剤が求められています。三酸化アンチモンは長年にわたってハロゲンベースの難燃剤の重要な共力剤として使われています。しかし価格が安定しないことと根本的な対策が求められていることから代替品のニーズが高まっています。難燃剤の主要メーカーであり、特にハロゲンベースの難燃剤に強いICLとしては同等の効能があり価格も見合う三酸化アンチモン代替品を探しています。

 

当社の採択基準

 

当社は以下を提供支援します

 

知的財産の共同開発

 

 提案は技術的なコンセプト(化学的な手順と、もしパテントで保護されている場合は化学構造)を明確に記載してある必要があり、もし可能であれば検証結果も記載してください。ICLの現在の製品群については<ICL-LP Flame Retardants;難燃剤>のウエブページをご覧ください。

 ICL Innovation社は技術のインキュベーターとして革新的な技術のみを追求しており、それらはICLグループの担当事業部門によってさらに開発が行われ商品化されます。